耐候・防食塗料
変性シリコーン+ チタン酸カリウム繊維含有

セラポリマー2000 セラポリマーFXクリアー

「セラポリマー2000」はチタン酸カリウム繊維の持つ断熱・耐熱性能と、特殊変性シリコーン樹脂の持つ耐環境性・伸縮性とを組み合わせた画期的な耐熱・断熱・防食コーティング材です。基材の伸び・収縮・ひび割れにも追従することにより、長期間にわたり優れた防食・耐候性を持続します。
※チタン酸カリウム繊維:直径0.2~0.6μm、長さ10~20μmの極めて微細な繊維で高強度、高剛性、高アスペクト比等の特長を有する。

特徴

亜硫酸ガス、耐候性に優れ長期間光沢を保ち退色しにくい。
金属防食性能に優れる。(吸水性、透水性、水蒸気透過率が低い)
表面は固いが伸びが大きく、ひび割れにも追従する。
金属・FRP・コンクリート等への密着性に優れている。

用途

プラントのパイプ、タンク等構築物、橋梁、海洋構築物の防食(防さび)、高速道路コンクリート、壁勾欄、薬品塩害、対策等
日本瓦のツヤ復活
※「セラポリマーFXクリアー」との組み合わせにより、金属防食塗装の耐候性が向上する。

施工

施工 主剤、硬化剤を所定の比率にて混合攪拌し、ローラー(短毛)、刷毛にて塗布。
重ね塗り 約6時間から4日以内上塗り可能。硬化乾燥6~8時間(20%)
プライマー 金属にはプライマーM。コンクリート面はプライマーCを使用
希釈 キシレン  0~5%
下処理 油分、汚れを取り除く。金属は錆びを完全に落としてプライマーMを塗布。
施工上の注意 施工中は溶剤臭が発生するので換気をし、施工は保護マスク、保護眼鏡、手袋を着用する。

※ 必要に応じてトップコート、FXクリアーを重ね塗りする。(耐薬品性、耐候性向上)

施工仕様:セラポリマー2000+セラポリマーFXクリアー

施工後写真 施工後写真 施工後写真

データ

密着性 100/100 JIS K5400 8.5.2 基材SUS304(膜厚30μ)
耐塩水噴霧性 0.68x10-3mg/cm3・日(JISK5400 8.18)
耐次亜塩素性 異常なし 塩素濃度70ppmに50℃で24時間浸漬
耐酸性 異常なし 10%硫酸に室温にて1000h浸漬
アルカリ性 異常なし 飽和石灰水に室温にて1000h浸漬
耐沸騰水性 沸騰水中に240h浸漬  塗膜異常なし(多少艶引けあり)

日本瓦塗装仕様

<塗装行程>
1.素地調整
①汚れ、付着物等は高圧洗浄機にて完全除去する。
②油分がある場合は、専用シンナーで脱脂する。
③水洗いの後の水分は、完全に乾かす。
2.下塗り
   セラポリマー2000 10㎡/kg 塗装間隔2時間以上
3.上塗り
   セラポリマー2000 10㎡/kg 塗装間隔2時間以上

標準塗装仕様

工程 使用材料名 塗布量(kg/㎡) 塗布間隔(20℃) 希釈率(WT%) 塗装方法
下塗り 本剤 0.15~0.2 6時間~4日以内 0~5 スプレー又は刷毛・ローラー
上塗り 本剤 0.15~0.2 6時間~4日以内 0~5 スプレー又は刷毛・ローラー
※必要性に応じ任意トップコート(1~2回) FXクリアー 0.1~0.2 0 スプレー又は刷毛・ローラー

※更に高い要求に応じ
耐薬性・表面硬化度及び落書き対策等、トップコートとしてセラポリマーFXクリアーを1~2回塗布する場合があります。この場合上記※行程の追加となります。
耐薬品・排水処理層・薬品床等にご使用の際は、FXクリアーは、1~2回塗り行程となります。
落書き対策にご使用の際は、FXクリアーは、1回塗り工程となります。
セラポリマー2000の調色は、日塗工合わせが基本となります。


標準使用量

標準使用量 0.15Kg/㎡ 2回塗り
荷姿 4Kg セット(主剤2.8Kg:硬化剤1.2Kg)
10Kg セット(主剤7Kg:硬化剤3Kg)
標準色 白、ライトグレー  調色は日塗工合わせ
納期、価格 お問い合わせください。



PDFダウンロード  PDFカタログを閲覧するためには、Adobe Readerが必要になります。